有限体上の進捗

千葉にある大学で数学とプログラミングをやりながら走って情報保障をしています

4月第3週

今週もかなりドタバタしていました・・・.先月の31日に2年2ヶ月続けていたバイト先を辞めたのですが,それで時間が増えることなく,なんか別のことに時間を取られたって感じですね・・・.


先週の勉強について

って感じでした.
Shorのアルゴリズムはせっかくだし,qiskitで実装できるぐらいなるか〜と思い,続けています.
来週ぐらいには完結すればいいなって感じです.


BIKEは先週に引き続きずっと論文読む+先行研究の調査の続きです.
ただ,知識がなさすぎて論文読むのが辛い・・・.分からないことだらけなので,精査には時間がかかりますね.


Google Scholarで手動で色々調べるのがしんどくなってきた(早い)ので,「検索ワードを受け取って,検索結果に新たな論文が追加されたら自分のLINEに通知する」みたいなプログラムを書いています.
これも来週までに終わればいいなって感じです.


講義の課題はまあ仕方ないなって感じです.レポートなので,最後にまとめてやってもいいんですが,大学院はちょっと成績も重要視したいので,時間があるときに進めていきたいです.


論文読みましたのコーナーやります.
先週は「Two modifications for Loidreau's code-based cryptosystem」を読みました.
今年4月6日にarXivに出されたプレプリントです.

まず,metricとして,通常のHammingではなく,rankを採用します.
そのmetricの下で,Gabidulin codeというGRS code(Generalized Reed-Solomon code)のアナロジーを考え,Gabidulin codeを用いたMcEliece(Loidreau's code-based cryptosystem)の話です.
多項式時間のkey recovery attackで破られるという課題が最近?分かったものの,本プレプリントでその欠点を改善しています.
最終的にNISTの第3ラウンドでの符号暗号の候補(BIKEとかClassic McElieceとか)と性能を比較しています(まあ,候補は大体KEMなので元々の計算量が違うし,安全性のために犠牲にしている部分もあるから,直接比較しても意味ないんじゃ・・・と思いましたが).

感想としては,別のmetricで今までのものの類似を考える,というのはすごい情報理論ぽいなーと思いました(こなみかん).
LRPC符号っていうのをどこかで聞いたことありますが,それも関係しているのかなーとか思うと,視点の幅が広がりますね.


arXivの論文を読むやつも,信憑性に欠けるところはありますが?流行りのネタを収集する意味で続けていきたいものです.